マンションの老朽化には|マンション大規模修繕工事業者へ依頼

マンションを綺麗に戻す

工事現場

大規模修繕工事の特徴は、古くなったマンションなどのさまざまな箇所を修繕することです。壁の塗り替えなども含まれます。東京には大規模修繕工事を扱う会社も多く、複数の会社に見積もりを取ってもらえば費用も削減できます。

マンションの寿命を長く

集合住宅

メンテナンスをまとめて

人の体が成人後は年々老化していくことと同じように、マンションも建築後は老朽化していきます。これを放置しておくと、マンションの寿命はどんどん短くなっていきます。逆に言えば、老朽化に対するメンテナンスを必要に応じておこなえば、マンションの寿命は長くなるということです。たとえば外壁のヒビを塞いだり、屋上やベランダで防水塗装を施したりといった具合です。こういったマンション全体でのメンテナンスは、大規模修繕と呼ばれています。そしてこれは多くの場合、マンション大規模修繕工事業者に任されています。マンション大規模修繕工事業者には、多岐にわたるメンテナンスをまとめて依頼できます。各分野ごとに専門業者に依頼する場合と比較すると、工期は短く、費用は安くなることが多いのです。

約10年ごとに

マンション大規模修繕工事業者への依頼は、10年に1回を目安としておこなわれています。というのも、外壁を覆うタイルや防水用の塗料などは、いずれも約10年が寿命となっているからです。そのため約10年ごとに、修繕あるいは塗り直しが必要となるわけです。また、マンションは基本的に外側に面している部分から劣化していくので、大規模修繕はまずはそこからおこなわれることになります。しかし築年数が増えていくにつれて、鉄筋コンクリートのヒビ割れなど、内部にも問題が生じやすくなります。そのため築30年ほどになると、給水管やガス管などの交換工事、耐震補強工事などの必要性も高まります。これらもやはり、マンション大規模修繕工事業者に任せることが可能となっています。

見積もりを比較しよう

建設現場

マンションの資産価値を維持するためには改修工事を行うべきであり、業者数が多い埼玉であれば、見積もりを比較して発注先を選ぶ取り組みが必要です。建物診断とセットになった大規模修繕工事や、修繕計画も策定して長期的なコスト削減を実現するプランが評判です。

必要なマンションの修繕

マンション

マンションは定期的に修繕工事が必要になりますので、そのための業者選びをおこなわなければいけません。大きなお金が動く工事になりますので、多くのマンション大規模修繕業者から見積もりをだしてもらって、比較をしてから決めましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加